よくあるご質問

こどもへの薬の飲ませ方

Q1. 初めて薬がでた!! どうやって飲ませればいいの?

赤ちゃんに薬を飲ませようとするときにまずミルクに入れて飲ませようと考えてしまいます。
しかし、味が変わることでミルク自体も飲まなくなってしまう可能性があり、余計大変になってしまいます。
また、薬の中には、ミルクと混ぜることにより、薬が効かなくなるものもあります。
粉薬の場合は少量のお水やぬるま湯でペースト状にしてほっぺや上あごにくっつけてなめさせて飲ませる方法がいいでしょう。シロップはそのまま、スポイトで飲ませるときには直接のどにかからないように、ほっぺの内側にそうようにするか、そのままなめさせましょう。

Q2. 薬を飲まない・飲んでも吐きだしてしまう原因は?

まず、薬を飲ませるタイミングについて確認しましょう。
赤ちゃんはミルクを飲んだ後「ケフッ!」とゲップをさせますね。おなかいっぱいなのか、眠くなってしまったのか、ミルクを飲ませた後というのは飲ませるのも大変な場合もありますし、飲んでもゲップなどと一緒に吐き出してしまうことがあります。 そのため、一般的にはミルクを飲む前に薬をのませてしまうことが多いです。また、飲ませる量も関係します。ジュースと混ぜて飲ませようと、与えようとしたジュースにそのまま薬を入れてしまうと、途中でおなかいっぱいになってしまい全部飲んでくれないこともあるため、飲ませる量をなるべく少なくなるようにしてあげてください。

次に、味について確認しましょう。
薬の中には薬自体に苦味のあるものがあります。
赤ちゃんは比較的甘いものは好んで飲んでくれます。お砂糖を少量混ぜたり、ゼリー、ジュース、ヨーグルト、アイスクリームなどに混ぜて飲ませてみましょう。
甘いものでひとつ混ぜてはいけないものもあります。 蜂蜜はボツリヌス菌混入の心配がありますから、赤ちゃんには注意が必要です。 1歳すぎれば抵抗力もつきますので大丈夫です。
また、薬は混ぜることで苦味がでてしまう薬もあります。 子供用の粉薬は薬の苦さをださないように甘いものでコーティングして飲みやすく工夫されています。 そのため、混ぜて時間が経つと甘いものが溶け出し、苦い部分もでてしまいます。薬を何かに混ぜてん飲ませるときには、できるだけすばやく混ぜて飲ませることが大切です。

Q3. もし薬を飲ませて、吐いてしまったらどうすればいい?

飲んですぐ、薬を全部吐いてしまった場合は、もう1回分飲ませて大丈夫です。
様子を見て飲めるような状態になったら飲ませましょう。 薬を飲んで30分経っているようであれば、飲む必要はありません。

Q4. 坐薬の使い方はどうすればいいの?

発熱や嘔吐、けいれんの時に坐薬が処方されることがあります。
口から薬が飲めない時などに適していますが、挿入時の刺激により、便意が生じることがあるため使用するタイミングについては注意をしてください。

挿入方法
1)坐薬の後部をつまみ、先の太いほうから挿入します。
2)挿入は仰向きか横向きに軽くひざを曲げた状態で寝かせ挿入し、5秒ほどおさえ足をもどすと挿入できます。
3)挿入後は、20分くらいは激しく動き回ったりしないでください。
4)挿入が困難な場合は、坐薬を体温で温めたり、水でぬらすと挿入しやすくなります。

Q5. 坐薬を入れたらうんちといっしょにでてしまった!!

坐薬の挿入により、刺激されうんちをしてしまうことがあります。
すぐの場合、坐薬がそのままの状態か、ちょっと溶けた状態ででていると思います。その場合は、もう1回入れなおしてください。
挿入し、10分たっているようであればそのまま様子をみてください。

Q6. 食後とか食前ってどんな時間ですか?

食後・・・食事をしてから30分位の間に飲むことをいいます。
(食べ物があるので消化菅への刺激を少なくする)

食前・・・食事をする30分位前に飲むことをいいます。
(胃の中に食べ物等あると効きが悪くなる場合や、食事時に薬を効かせたいときに指示されます)

食間・・・食事と食事の間、食事をしてから2時間後に飲むことをいいます。
(食事等によって効果に影響がある薬などに指示がでます)

就寝前・・・寝るおよそ30分前に飲むことをいいます。

頓服(とんぷく)・・・必要に応じて飲みます。
(服用する時間は決まっていません。症状が無くなれば飲む必要はありません)