栄養状態、栄養素(食物)摂取レベル

健康日本21

【趣旨】
健康を実現することは、元来、個人の健康観に基づき、一人一人が主体的に取り組む課題であるが、個人による健康の実現には、こうした個人の力と併せて、社会全体としても、個人の主体的な健康づくりを支援していくことが不可欠である。
そこで、「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」では、健康寿命の延伸等を実現するために、2010年度を目途とした具体的な目標等を提示すること等により、健康に関連する全ての関係機関・団体等を始めとして、国民が一体となった健康づくり運動を総合的かつ効果的に推進し、国民各層の自由な意思決定に基づく健康づくりに関する意識の向上及び取組みを促そうとするものである。

健康日本21のサイトへ

 

栄養状態、栄養素(食物)摂取レベル
 
適正体重を維持する者の割合の増加
・成人の肥満者(BMI≧25.0)の減少
 目標値:20~60歳代男性15%以下、40~60歳代女性20%以下
 基準値:20~60歳代男性24.3%、40~60歳代女性25.2%
 (平成9年国民栄養調査)
・児童・生徒の肥満児(日比式による標準体重の20%以上)の減少
 目標値:7%以下
 基準値:10.7%(平成9年国民栄養調査)
・20歳代女性のやせの者(BMI<18.5)の減少
 目標値:15%以下
 基準値:23.3%(平成9年国民栄養調査)
20~40歳代の1日あたりの平均脂肪エネルギー比率の減少
目標値:25%以下
基準値:27.1%(平成9年国民栄養調査)
成人の1日あたりの平均食塩摂取量の減少
目標値:10g未満
基準値:13.5g(平成9年国民栄養調査)
成人の1日あたりの野菜の平均摂取量の増加
目標値:350g以上
基準値:292g(平成9年国民栄養調査)
成人の1日あたりの野菜の平均摂取量の増加
目標値:350g以上
基準値:292g(平成9年国民栄養調査)
(平成9年国民栄養調査)