メタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導

健診・保健指導が変わります!!

平成20年4月から40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施されます。
日頃の生活習慣に気をつけるとともに、年に一度は健診を受けましょう。

平成20年4 月からスタート

・ 40 歳以上の被保険者・被扶養者に対するメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導の実施が医療保険者に義務化されます。
・健診データは、医療保険者が変わっても、引き継いで管理してもらえます。
・健診結果に応じて保健指導が行われます。

生活習慣病対策を各自治体、医療保険者(勤務先)、被保険者本人・被扶養者本人がそろって担うことで、生涯を通じた健康管理が実施できるようになります。
参照 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/index.html