メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をご存知ですか?

『メタボリックシンドローム』という言葉はご存知ですか?
メタボリックシンドロームは、 内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態で、それぞれが重複した場合は命にかかわる病気を招くこともあります。ただし、食べ過ぎや運動不足など、 悪い生活習慣の積み重ねが原因となって起こるため、生活習慣の改善によって、予防・改善できます。

メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪型肥満 ( 内臓肥満・腹部肥満 ) に高血糖・高血圧・高脂血症 のうち2つ以上重なった状態をいいます。
「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」などの生活習慣病は、肥満があることにより併発しやすくなってしまいます。さらに症状が重複して動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など致命的な症状を起こすことがあります。

メタボリックシンドロームの診断基準

日本版 (WHO 、各国で異なります)

内臓脂肪
腹囲(へそ周り)
男性 85cm 以上 女性 90cm 以上
(男女とも腹部 CT の内臓脂肪面積が 100c㎡ 以上に相当)

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の 2 つ以上の項目があてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常
中性脂肪    150mg/dL 以上
HDLコレステロール 40mg/dL 未満 のいずれかまたは両方

高血圧
最高 ( 収縮期 ) 血圧 130mmHg 以上
最低 ( 拡張期 ) 血圧 85mmHg 以上 のいずれかまたは両方

高血糖
空腹時血糖値 110mg/dL 以上